遺伝カウンセリング

遺伝カウンセリング 胎児染色体リスク評価検査のご案内

遺伝カウンセリング

遺伝専門医による相談を行います。※要予約 保険適応外

超音波検査(遺伝エコー)

胎児後頭部浮腫を超音波で観察し、母体年齢、胎児の大きさ、心拍数などから胎児のダウン症、18トリソミー、13トリソミーという染色体疾患のリスクを確率で示す検査です。

胎児染色体リスク評価検査 コンバインド検査

上記の超音波検査と血液検査を組み合わせた検査です。
往来の血清マーカー(トリプルマーカーやクアトロテスト等)に比べて診断精度が高くなるのが特徴です。
超音波検査と同時に血液検査でPAPP-AとHCGのホルモンを計測し、その値とNTの値から胎児のダウン症と18トリソミー、13トリソミーのリスクを確率で示す検査です。
この検査によるダウン症の検出率は90%と言われております。又羊水検査は破水、流産の危険性の可能性がありますが、胎児に対する危険性はありません。但し、検査できる週数に決まりがありますので、早めに予約が必要です。※保険適用外

検査時期
妊娠11週0日~13週6日
検査日
不定期(予約制)
担当医
昭和大学准教授 産婦人科超音波指導医専門医 遺伝専門医 市塚清健 先生
昭和大学准教授 産婦人科超音波指導医専門医 遺伝専門医 松岡 隆 先生

検査の日程と検査料金は外来看護師にご確認ください。 慶愛病院 産婦人科 院長