妊娠検診

当院では妊婦健診時に、次のような検査を行っています。
エコー検査はご家族も一緒に見ることができます。

  月数(週数) 検査・処置   健診の間隔




2ヶ月(4~7週) 妊娠診断
《子宮外妊娠有無、
胎児心拍有無 (超音波、HCG)》
子宮頸部癌検査
超音波検査
胎児発達
(推定体重)
奇形等

全期間
1~2週に
1度来院
3ヶ月(8~11週) 予定日決定・次回より産科での診察



4ヶ月(12~15週) 母子手帳持参・初期採血 4週に
1度来院
5ヶ月(16~19週) クラミジア検査・
頚管長測定・
胎児精密超音波・
中期採血(貧血・血糖など)・
性別
6ヶ月(20~23週)
7ヶ月(24~27週) 2週に
1度来院
8ヶ月(28~31週)
9ヶ月(32~35週) 後期採血(貧血など)・GBS
10ヶ月(36~40週) NST・内診 毎週来院

状況により処置などが前後したり、検査も追加することがあります。出血、腹緊等何か異常を感じたら随時来院して下さい。

【胎児心拍数モニタリング】NST:ノン・ストレステスト

胎児胎盤機能検査のひとつで、妊婦さんのお腹にベルトを巻き、胎児心拍数と子宮収縮有無のモニタリングを行い、赤ちゃんが元気かどうか、腹緊や陣痛があるかないかを調べる検査です。(主に36週以降の妊婦健診時に毎回外来奥にあるNSTルームで実施しています。)

但し、子宮内胎児発育遅延・切迫早産など異常を認めれば適時行います。

胎動(赤ちゃんの動き)の状態にもよりますが20~40分くらいかかりますのでお早めに来院して下さい。
(遅くても受付終了時刻の30分前まで、月・水・金の午後は3時まで)

【胎児染色体リスク評価】

・コンバインド検査(11~13週)
・トリプルマーカー検査(15~17週)
希望者に行っております。(自費になります)

【羊水穿刺検査】

トリプルマーカー検査の結果や、希望者に行っている検査です。検査には保険がききません。(自費になります)
羊水穿刺とは胎児の染色体検査の方法です。子宮内から羊水を採取し、羊水中の胎児成分(皮膚、毛など)を培養し、胎児染色体を精査します。