スタッフ紹介・外来案内

スタッフ紹介

生殖医療科 医師:真井 英臣

生殖補助医療(ART:Assisted Reproductive Technology)は、時代の変遷とともに改良、開発が進められ、現在では多種多様な方法で治療が行われています。当院では、治療成績を探求する事はもとより、従来の最大限の卵胞発育を誘起する卵巣過剰刺激法ではなく、最適な卵胞発育のみを同調させる方法により身体的、精神的負担の少ない方法で治療を行っております。本来の自然のリズムに合わせた"やさしい治療"でサポートさせていただきます。これから通院をお考えになられている方々が安心してスタートそして継続できるよう的確な説明を心がけ責任を持って診療に努めてまいります。

生殖医療科 胚培養士:秋山 潤子

こんにちは。胚培養士の秋山です。
胚培養士とは患者様の大切な精子や卵子、そして受精卵を育てる専門家です。
不安を抱えながら治療に取り組まれる患者様に、安心して任せられると思っていただけるよう、知識や技術の向上に努めております。
一組でも多くのご夫婦が赤ちゃんに出会えるようサポートしてまいりますので、よろしくお願いいたします。

生殖医療科 胚培養士:眞壁大地

加藤レディスクリニック 国内留学中

生殖医療科 看護師:久々宇 千恵

生殖医療科看護師の久々宇です。
当科にお越しいただくご夫婦の皆様は、不安や緊張など様々な思いを抱えていらっしゃると思います。私たち看護師は皆様と接する機会も多いですので、最も身近な立場としてそうした思いをお聴きし、共に考え、前向きに治療に取り組むことができるよう全力でサポートしていきたいと考えています。
どんなことでもご遠慮なくお声掛けください。どうぞよろしくお願いいたします。

生殖医療科 事務:杉澤 萌美

こんにちは。生殖医療科で受付を担当しております杉澤です。
皆様とは受付・会計時の他に体外受精に伴う治療金額や助成金申請のご説明等でお顔を合わせる機会が多いと思います。
ご不明な点、ご不安に思っていることを少しでも解消できるよう努め、微力ながらサポートさせていただきたいと考えております。
診察までのお待ちの間でも構いません、どんな時でもご遠慮なくお声掛けください。

生殖医療科外来